ロゴ

講師プロフィール

profile

 初めまして!Music Salon おんぷ'sの”ひがしのいずみ”です。

 楽器の街浜松市で生まれ育ち、4歳からヤマハ音楽教室に通い始めました。

 8歳からエレクトーンを習い始め、友人の姉が通っていた音楽高校の定期演奏会を観て度肝を抜かれました。「なんてこの人たちは心から音楽を楽しんでいるんだろう!」

 そう思った私は高校でエレクトーンを続けたいと思い浜松学芸高校 電子音楽科へ進みました。

 高校ではたくさんの演奏の機会を与えていただき私にとって生涯忘れられない経験をしました。高校の恩師で「音楽はハートや!」といつも掲げ、ただテクニックが上達すれば良いことではなく心豊かな人間性が演奏に表れるんだ!!ということを日常の生活面からも教えてくれた先生がいました。私はこの先生との出会いによって、今まで練習だったり友達と比べることで“音が苦”になっていた私が「音楽って楽しい!」と心から思うことができ、いろいろな事に対して前向きに進んでいくことができました。私はこの先生と出会っていなければ今日まで音楽に携わっていなかったでしょう。

 そして高校3年時に高齢者施設へ演奏ボランティアへ行ったことがきっかけとなり、昭和音楽大学 音楽学部 音楽芸術運営学科 音楽療法コースへ進学しました。

 児童・成人・高齢者と多方面での音楽療法実習を行い、4年時は障がい児の音楽療法を専門に毎週音楽療法のセッションで子どもたちから多くのことを学ばせていただきました。

 在学中は音楽療法の勉学の傍らエレクトーンの演奏会にも出演させていただいたりと、たいへん充実した大学生活を送らせて頂きました。

 大学卒業後は知的障がい者更正施設で勤務し、結婚にて退職をきっかけに少し遠ざかっていた音楽がやりたい!子どもたちに音楽を教えたい!という思いを持ち厚木市内の中学校にて音楽科非常勤職員として勤務しました。

 特別支援学級・障がい児通園施設への音楽ボランティアや友人とリトミックの活動も平行して行っていました。保育士の資格を取得したり、ピアノとエレクトーンのレッスンも再開して、ヤマハ エレクトーン演奏グレード5級、指導グレード5級を取得しました。

 そして2010年に娘を出産。子育てをきっかけに、日々育児に奮闘しているママたちと、小さな体でもいろんな表現を見せてくれるキラキラ輝く子どもたちと、一緒に楽しい音楽の時間が作りたいと思いサークル発足を決意しました。

 現在子育て支援音楽サークル「親子で楽しむ音楽の時間サンハート」の代表として活動しており、0歳~4歳までの子どもを持つ親子に音楽遊びや絵画制作、リトミック、音楽絵本など楽しい音楽の時間を作っています。育児講座の依頼など受け、今までに100組以上の親子と出会いました。現在、他のサークル等でもリトミックの活動をしております。

 このサークルをきっかけに、もっと子どもたちと一緒に“音楽が持つ力”を共感し合いたいという思いから「Music Salon おんぷ’s」の主宰となりました。


保有資格